継続的習慣を書き換える

人は誰にも継続的反復的行動というものがあります。

もちろんその中には自分にとってメリットをもたらすすばらしい習慣もあるでしょう。

しかし、中にはデメリットをもたらす「問題を起こす習慣」もあります。

 

例えば毎日続く食べ過ぎ。

食べ過ぎたその後に起きる自己嫌悪まで含めて習慣化しているようなことはありませんか?

 

お腹一杯なのにさらに食べ続けたり。

ストレス発散ができるわけでもないのに食べることでごまかしたり。

今日こそ食べ過ぎしないと思っていてもやっぱりいつも通り食べ過ぎたり。

ダイエットしようと頑張る度にリバウンドしたり。

 

もしかすると人間関係においてそういった好ましくない習慣があるかもしれません。

いつも何故か身近な人とトラブルになってしまう・・・

たいしたことないようなことで言い合いになったり傷つけてしまったり。

 

周りの人の目が気になってしょうがない。

周りの人の期待に応えようと必死になっている自分。

周りの人に気を使い過ぎて疲れ果てているのにやめられない。

 

いつもあと少しのところまで行って何かが起こって失敗する。

急に気がかわってやる気がなくなり結果的にうまくゆかない。

やらなければならないと思えば思うほどめんどうくさくなる。

 

他にもいくらでもあります。

どうしてそんな好ましくない習慣化された行動パターンに囚われるのでしょうか?

それは実は無意識下にあるシステムの使い方が間違っているからです。

 

人はどんなことでも無意識下においてその行動を習慣化します。

それはまるで自動行動です。

それは実は自動反応による反復行動です。

 

無意識的習慣を書き換えるには

 無意識下で起きているパターン化された反応と行動。

どうしたらそれを書き換えるたことができるのでしょうか。

 

それにはまず無意識の仕組みを理解することです。

そこで起きている習慣化には方程式が存在しています。

それを理解することで自分の行動パターンが客観的に把握できるようになります。

そしてそれを自分にとって好ましい行動パターンに書き換えることが可能となります。

 

それを理解していないと無理な断食でさらにひどいリバウンドを起こす場合もあります。

頑張っても頑張っても望ましい成果をあげることができないことがあります。

 

無理なこと、無茶なことというのはそういった無意識的仕組みを無視して頭や意志の力だけで自分の習慣的行動を変えようとすることをいいます。

 

断食というのは自分を整える行為です。

身体だけでなく敏感になった意識を活用して気づかなかった自分自身に気づく行為です。

ダイエットというのは無理やり意志の力で自分を抑え込む行為ではありません。

頑張ることではなく自分の身体が心地よい状態を整えてあげる行為です。

 

断食の持つ心身共への影響力。

道場 和(やまと)はそれを活かすためのメソッドを重視した断食道場です。

身体と心を整えて新しい習慣と結果的に受け取ることになる健康を手にするためのダイエット合宿です。