断食道場の山登り

登山写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忙しかったGWも終わってひと段落つきました。

その間参加者のサポートそして食事やジュースの準備などを手伝ってくれたヘルパーさん達(長期滞在者)を連れて山に登ってきました。

 

山に登って菓子パン1個を美味しくいただくための登山です。

 

それはお腹一杯食べてもそれでも止まらなかった過食を改善するための一環としての体験でもあります。

 

過食は「もっともっと…」「足りない…」という無意識の渇望感と関係があります。

その渇望感を満たすのはけして量ではありません。

 

「美味しい」そして「満足感」さらに「食べ物に感謝する心」。

それがあって初めて渇望感は満たされます。

それはたった一つの菓子パンでも同じです。

「美味しさ」と「感謝」を持って食べられたら、過食するときにいくつ食べても満たされない菓子パンでさえ充分に満足していただくことが可能です。

 

その体験のために山に登りました。

もちろん往復4時間程の身近な山ですが。

(地元の小学生が遠足で登る山です)

 

800mの山頂には風の通り道となる木の生えない稜線があります。

そこで携帯クッカーを使ってお湯を沸かします。

そしてフリーズドライのミネストローネスープとコーヒー。

後は来る途中で買った各自好みの菓子パン1個です。

 

暖かい春の日差しの中で、

心地よい風を受けて、

山の上の稜線から日本海と三方五湖を眺めながら、

 

食べた菓子パンは最高でした。

山の上で飲む暖かいスープはとても贅沢でした。

 

「今まで食べた菓子パンで最高に美味しかった!」

「今まで飲んだどんなスープよりも美味しかった」

そんな風に喜んでいる人もいました。

そして、大きな満足感をもって食事を終えた後は草の上に寝転んで空を眺めて過ごしました。

 

ここは断食道場ですが過食や摂食障害で苦しむ方がお越しになります。

そんな方にとって「美味しく食べる」経験も財産となります。

食べないことで身体を整える断食も、感謝と喜びを持って食べることも。

どちらも大切であると考えています。

 

新年のイベント紹介

 

初もうで写真

断食道場でも新年にはそれなりのイベントがあります。

 

12月31日の午後には蕎麦打ち体験。

うちたての蕎麦が大晦日の夕飯です。

 

そして深夜0時は若さ一の宮である若狭姫神社にみんなで参拝。

 

明けて元旦は京風白みそのお雑煮から始まります。

もちろんプチ断食中ですから餅1個、餅半分、餅なしから自由に選びます。

 

そして夜はマクロビベースに手作りしたお節料理を振る舞います。

 

そして1月7日には七草粥。

 

ただ単に痩せるためのガマン断食よりも、食べることの楽しみを大切にして。

時には食べ過ぎないことを使いこなす。

普段から少食によって手に入る健康を身に着ける。

そううなふうに食べること食べないことを学び使いこなしていただきたいと願っています。

 

お節料理写真お節説明写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七草粥写真七草粥説明写真

祭り写真大火勢写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合宿に参加している人達みんなで大火勢を見に

行ってきました。

和太鼓を中心にした迫力のあるステージが終わると大火勢と呼ばれる巨大松明が立ち上げられます。

そしてそれに火が点けられると・・・

大花火大会の始まりです。

 

大音量のスピーカーから流れる音楽に合わせて空中に水面にさまざまな色の花火が乱舞。

そのひとつひとつが流れている音楽に合わせた色、形で構成されています。

 

目の中がすべて花火で彩られて、耳は大音量の音楽と花火の音でうめ尽くされます。

そして気がつくと自分の目から涙が流れています。

 

こんな感動的なショーはめったにないと思います。

日本全国から参加している人達がみんな口を揃えていいます。

「こんな感動的な花火大会は初めて体験した」

 

普段は食べ過ぎで悩んでいた人も、普段は悩み苦しんでいた人達も。

この日はそんなことをすべて忘れて真っ白になります。

そして頭の止まった中で感じます。

自分の中にあった美しさへの素直な感動を。

 

ダイエットも断食も。

仕事も目標も。

しばらくの間はすべて忘れてしまえる瞬間。

そういった非日常的空間と時間が大火勢にはあります。

 

来年の夏はあなたもお越しになりませんか?

陶芸体験

陶芸写真陶芸体験写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者みんなで陶芸体験に行ってきました。

食べることを学んでいる最中からかカップやお皿、小鉢などを作る人が多いです。

これもひとつのワークになります。

自分のこれからの食生活を想像しながら思い思いのものを作ります。

それも自分にとっての宣言のひとつになりますから。

 

ワイワイ楽しみながら、リセット合宿中で体験した食べることへの大切さを形にする。

きっと帰ってからの食生活を応援してくれるアイテムとなることと思います。

 

ダイエット合宿は無理やり頑張るばかりではありません。

食べることを見直し、食べることに感謝して、食べることの大切さを再認識することも重要ですね。

 

山菜取りとそば打ち体験

山菜写真蕎麦打ち写真

そばと山菜写真

合宿参加者全員で山菜取りに出かけました。

山や山菜に詳しいスタッフのお父さんに案内してもらって。

 

食べられる草や山菜の摂取方法を学びながら自分たちの手で集めた山菜は新鮮なだけでなくスーパーで買ってきたものとは違ってとても美味しそうです。

普段そういった自然に触れることの少ない現代人にとっては食べることはもとより山を歩いていることさえもうすでに美味しい体験の一部になるような気がします。

 

そして合宿所に帰ってきてから蕎麦打ちに挑戦です。

そば粉を練って麺棒でのばしてそば包丁で丁寧に切りそろえて・・・

できたそばはすぐに茹でていただきます。

今朝山で採ってきた山菜を米粉と米油で揚げた山菜の天ぷらを添えて。

 

断食は食べないことによる身体と心のリセットです。

しかしたべることの大切さを学ぶ機会でもあります。

 

生命をいただき生命に感謝する。

普段は気づかないあたりまえのことの大切さに気づくこともプチ断食体験ゆえにできることだと思っています。

 

帰ってからの食生活が整えられなければ単なるガマン大会的ダイエットで終わります。

時には食べることの本質を体験することも大事なのではないでしょうか。

少食=プチ断食体験を通してこそわかることもあります。

 

そういった気づきや体験が今後の食生活を変えてゆく財産になると考えています。

 

 

お水送り

お水送り写真

 

 3月2日はお水送りの日です。

断食合宿に参加中のみんなも参加しました。

祈願を書いた松明を手に明通寺の境内から儀式を行う鵜の瀬と呼ばれる川辺まで寒い中を歩いてゆきます。

そして山伏姿の住職が大きく燃え上がる護摩壇の火を背に粛々と儀式を行います。

それが終わると甘酒と粕汁が振る舞われ参加者みんなで冷えた身体を温めました。

プチ断食中のみなさんもいっしょに楽しみました。

その地の文化に触れて歴史に触れることも普段と違う大切な思い出に替わります。

心と身体をリセットする。。。そんな合宿の一風景でした。

 

お水送りが行われると奈良の東大寺でお水取りの儀式が行われます。

時と空間を超えた幻想的な炎と月の写真です。

よろしければ来年はあなたも参加してみませんか?

断食中の研ぎ澄まされた身体と精神で味わう神聖な儀式と甘酒は格別ですから(^^)

松明写真

新年

お節料理写真

今年のお節料理です。
マクロビをベースにして手作りしました。
少量ですが心のこもった料理をみなさんに楽しんでいただきました。

除夜の鐘を聞きながらみんなで深夜の神社へ参拝して。
そして元旦の夜の夕食がこれです。
プチ断食中とは言え、少しでもお正月気分を味わっていただきたいという想いです。

食生活を身に着けるということは、食べることを否定することではありません。
断食するか、いっぱい食べるか?というような極端な食生活はリバウンドを生み出します。

食べることに感謝して。
食べることを楽しんで。
食べることに満足しなければ量が増えます。

食べすぎをやめるためには食べることの大切さを知ることが大切です。
ここではみなさんにそういったことを学ぶ&体験していただくことを何より重要視しています。

お正月中には強風の白味噌のお雑煮をお出ししました。
もちろんお餅を食べないことも選択できます。
その場合は汁だけを楽しんでいただきました。

食べることは素敵なことです。
それを体感するための断食体験をして帰っていただきたいと思っています。

自分が自分を治すということ

ここは自分を変えるための断食道場です。
身体だけでなく食事からメンタルから、いろんなアプローチで自分自身を整理整頓していきます。

ヒプノセラピーもその一環として始めました。
無意識下にある自分を突き動かしている本当の理由が自覚できることは非常に重要だからです。
自分が苦しんできた本当の理由や自分が求めている本当の望みを知ることは大きな変化を生み出します。
頭の思考や理論だけでそれに取り組むことに比べて劇的な効果を得られる場合も多々あります。

そのヒプノ利用のアプローチさらに次の段階へと拡がっていきます。
ヒプノによって自分の無意識へのアクセスが可能になった人達が今度は全員でやる誘導瞑想中に無意識下にある情報をビジュアル的に受け取れるようになっていきます。
文字通り自分の無意識との対話が可能になるのです。

もちろん人によって違いますが、視覚タイプの人はヒプノによって最初から無意識下の情報を見ることが可能です。
そしてそのほとんどの人が誘導瞑想中にさらなる情報を受け取ることが可能となります。

その状態を活かして行うイメージングセラピーがあります。
ダイエットや仕事、他の目的にも簡単に使うことが可能です。
超リアルな体感とビジュアルを利用してのイメージングはここから帰ってからも使えます。
完全に身につければ自分にとって非常に便利なスキルとなります。

それを使ってダイエットしたり身体を治したり過食を止めたり…
いろいろな分野で成果が上がり続けています。
興味がある人は是非体験してみてください。
1週間以上の滞在であればヒプノは希望があれば受けられます。
さらに時間がある人は誘導瞑想での告ぎのステップへチャレンジしてみてください。
きっと自分にとっての大切なスキルとなることと思います。

海と湖のハイキング

海写真魚写真

新緑の季節に海辺へハイキングに行きました。
三方五湖の先にある常神半島の海辺で海鮮バーベキュー。
その日の朝に獲れた新鮮赤エビを炭火で焼いて。
玄米おにぎり(小さめ)を食べて楽しみました。

帰りに寄った三方五湖では90㎝もの鯉が釣れていました。
釣りあげたおじさんと大騒ぎしながら写真を撮らせてもらいました。

自然の中で季節を満喫した楽しい一日。
断食してガマン大会するだけがダイエット合宿ではありません。
身体や心の勉強以外にも楽しむことも大切ですね。

琵琶湖のお花見

写真3 お花見写真

恒例の琵琶湖のお花見に行ってきました。
今回は14名。
小さめの玄米おにぎりを持って奥琵琶湖からマキノ高原まで。
4000本の桜並木と湖。
高原の清流と温泉。
しっかり楽しんだ1日でした。

湖に面した道路の両側を延々と桜並木が続きます。
奥琵琶湖は日本でも有数の花見スポットだと思います。

みんなで握った玄米おにぎりも調美味しかったです。
今年は暖かかったので琵琶湖に突き出した木の枝に上る人や湖に足を漬ける人もいました。
マキノ高原で日向ぼっこしながら寝転んだり、温泉に入ったり。
今日は断食休みのリクレーション。

ダイエットも体質改善も楽しみながらが大切です。