なぜリバウンドするのか?

ダイエット合宿で一番大切なことはリバウンドしないということです。

無理なダイエット。その先に何が見えますか?








何故こんなにTVや雑誌でダイエット特集ばかりやっているのでしょうか。
いったいどうしてこんなに誰もかれもがダイエットダイエットと必死になっているのか。
それは… 一度ダイエットにはまり込んだ人が延々とダイエットがやめられない。
つまり何度も何度もダイエットを繰り返し続けているからです。

うまくゆく時もあります。
思うように体重が減って身体も楽になって。
ところが無理な方法でダイエットすると後から反動がやってきます。
リバウンドです。

ほとんどの人がリバウンドで苦しんだ経験をお持ちなのではないでしょうか。
せっかく落とした体重がいつの間にかもとどおり。
へたをすればダイエット前より体重増(汗)

ではどういったダイエットならリバウンドしないで成果をあげられるのでしょうか?

例えば運動。
ダイエット施設によっては過激な運動を強要するところがあります。
アウターマッスルと呼ばれる普段意識的に動かすことのできる筋肉を鍛える方法です。
この筋肉を鍛えると、最初のうちは効果があがります。
今まで筋肉不足だった女性が筋肉がつくことで代謝もあがり身体が軽く感じられます。
目に見えてひきしまって効果が実感できるかもしれません。

ところが…

アウターマッスルはエネルギー源の約50%に血液中の糖分を使います。
すると血糖値が下がります。
その結果として… 運動後はお腹が減ります。身体がフラフラします。
ほとんどの人が食欲があがります。

さらに運動をやめると一気に太ることがあります。
あがった食欲。摂取過剰な栄養分。
運動をやめて消費カロリーが減った分だけ一気に太ってしまいます。

あなたは激しい運動をいつまで続けられますか?
この先ずっと続けられると思いますか?
もし仮に長い期間続けられたとしたら…
今度は筋肉が太くなりすぎて固太りになる人がでてきます(汗)

それはほとんどの女性が求める体型ではありませんよね。

では逆にダイエット中にいっさい運動をしないとどうなるか。

食事を減らして何もせずにじっとしていれば…
今度は筋肉が必要以上に落ちて行きます。
志望よりも筋肉ばかりがやせ細ってしまいます。
すると身体に負担がかかるので身体は戻そうとして食欲を上げ出します。
これもリバウンドです。

ダイエット合宿はもちろん効果的に痩せるためのものです。
しかし、その場だけ痩せればいいというようなものではありません。
帰ってから激しい運動を続けられる人はほとんどいないと思います。
ダイエット合宿中の運動はあくまで新陳代謝を向上させるための筋肉刺激。
そして血液中の糖分を使用しないコアマッスルの運動が適切です。
そのほうが効果が高いばかりでなく帰ってからのリバウンドを起こしません。

食べることをガマンし過ぎることもリバウンドを生みだします。
一定期間断食して身体を整えることは大切なことです。
しかし、単に痩せたいがために無理な断食を続けるととんでもないリバウンドが起こります。
ある人は水だけ飲んで40日間というその施設の記録を作りました。
そして痩せて喜んで家に帰ると…
食欲大爆発。1日の食費が何と3~4万円。
朝から夜中までとんでもない過食と吐くことの繰り返し。

無理は肉体的だけでなく精神的にも負担をかけます。
その時はよくても後で痛いしっぺ返しが起こります。

ダイエットはがんばらないことが大切です。
がんばらないで身体が楽になる体験をする必要があります。
そうすれば、いつでも自分が思った時にその状態に戻すことができます。
辛い想いをした経験を人は二度と繰り返したくありません。

ここに来たみなさんがびっくりすること。
それは、思ったよりお腹が減らないということ。
そして辛くないということ。
身体も気分も楽になるということです。


いかにがんばらないで成果を上げるか。
いかに自分の無意識に楽な成功体験を刻み込むか。
それがダイエット合宿で一番大切なことだと思っています。

ついこの間お越しになられた中にこんな人がいました。
長い間ダイエットのリバウンドとしての過食で苦しんできた人です。
最初は何も食べたくないと言っていました。
しかし摂食障害の場合は無理に食べないことをしてもその後過食がひどくなるだけです。
そのことを説明してプチ断食コースを体験していただきました。

そして5日後。
5㎏減量に成功した彼女はこういいました。
「考え方が変わりました。食べながらこんなに簡単に痩せるんですね。」
短い期間でしたから過食の根本的な原因までは解消できませんでしたが、
きっと彼女のダイエットは変わってゆくと思います。