第45回~新しい自分とは

 

新しい自分に変わりたい時があります。

新しい自分として生きていきたい時があります。

 

でも、新しい自分になるということは具体的にどういうことなのでしょうか。

どうすれば新しい自分になれるというのでしょうか?

 

今までの自分と違う自分になりたい…

人がそう感じる時は今までが思うように生きてこれなかったから。
そして本当は自分がそんな生き方を望んでいないと気づいたから。
過去の延長線上にある未来から、見たことのない新しい未来にシフトしたいと思ったから。

そんな想いが隠されているかもしれません。

 

今までと違う…
その言葉を口に出させているものは奥に隠された満たされない想い。

今までと違う…
その言葉の後ろでウズウズしているものは過去の自分への否定感。そして諦めきれない希望。

 

そこには今までの自分自身と自分が創り出してきた成果に対する満たされない想いがあるのではないでしょうか。

 

思いのままに生きたい自分。

本当は望んでいるのに諦めたりせずに。
本当に望んでいるものに見気づかないフリをすることもなく。
本当に望むように生きていきたい。

思いのままに生きてゆける自分。

 

そんな想いこそが新しい自分になりたいという言葉の奥に隠されているのではないでしょうか。

だから、素晴らしいことだと思います。

新しい自分になりたい…そう感じれる時はとても大切な時期であると思います。
今まで…つまり過去から解き放たれて自由な未来を望む時。
それが新しい自分になりたいと感じる時期なのですから。

 

 

そしてそれを具体的に実現させようとする時に、必要なことがあります。

それは無意識の自分を意識化することです。

何故なら今までの自分というのは過去のある時点で身につけてきた観念によって作られているからです。
その観念によって自動的に湧き上がる感情が決められて。
それによって自動的に出来事に対する反応が生じます。
さらにその反応によって自動的に行動パターンが引き起こされています。

その積み重ねで作られている成果こそが今までの自分です。

 

それを見抜く目が必要です。

それができると何故今までの自分がそうだったのかを理解することが可能になります。

人は何故そうなっているのかがわからないままにそれを変えることは不可能です。
しかし、そうなっている理由がわかればそうでない選択をすることが可能となります。

その結果として今までと違った選択による新しい可能性が実現されていきます。

 

新しい自分とは、

今までと違う目で世界を見つめる自分。

今までとは違う方法で世界にコミュニケートしてゆく自分。

今まで想像もしてこなかった新しい可能性に気づける自分。

今まで信じることができなかった自分を信頼して生きていける自分。

今までの自分に縛られることなく自由に未来を創造していける自分です。

 

そのカギは無意識下にあります。
その奥にある深層意識とのつながりの中にあります。
けして外に存在するものではありません。

 

新しい自分を探しに遠くに旅する必要はありません。
新しい自分は自分の内側に存在しています。

新しい自分とは今まで自分が気づくことのなかった潜在する可能性です。

過去の出来事や体験によって限定的自己しか見えなくなっていた自分が取り戻す本来の自分が有する可能性です。

 

この通信でそういった無意識の仕組み、潜在意識の使い方を中心に人が変わる方法を具体的にお伝えしていければと考えています。