断者離は心と身体のデトックス。

新しい自分を創るには、古いモノを捨て去ることから。


人は誰でも一生のうちに何度か「新しい自分」に変わりたいと思う時期があります。
それはその人にとってとても大切な時期となり得ます。
たとえその時期がどれだけ苦しい時期だったにしても。

では、自分を変えるということはどういった行為なのでしょうか。
それが明確にならなければ人は効率的に変わることができません。
なぜなら、何をどうしていいかがわからないからです。


自分を変えるという行為はけっして自分以外の誰かになる行為ではありません。
自分を変えるというのは自分が無意識にかけている制限をはずす行為です。
心にかけてしまったブレーキをはずす行為です。
本来のフラットな自分を取り戻す行為です。


断捨離という言葉があります。
いらなくなった古いものを捨て去る行為です。
断食もそういった行為の部類に入ります。

必要最低限以外のものを手放す。捨て去る。持たない。
そうすると何が起きるのでしょうか?

実は新しい何かを得ることが始ります。
両手いっぱいに抱え込んだ古いものを捨て去る時。
そこには空きができます。
そしてその空いたスペースには新しい出会いや新しい夢が生まれ始めます。

エネルギーの流れるスペースができるからです。
エネルギーの動くスパースが生まれるからです。
澱んでいたエネルギーが流れ出すからです。

人は何かに対する執着や過去の出来事への後悔、怒り。
そして未来に対する不安や恐れ。
そういった本来は必要でないことまで後生大事に抱え込んでしまいます。
まるでそういった悩みや苦しみが自分自身であるかのように無意識が思いこんでいます。

そうすると本来は創造に向かうべきエネルギーが自分を制限するために使われます。
これがブレーキのかかった状態です。
自分が自分を制限してしまっている状態です。

こういった状態で何をやろうとうまくはいきません。
うまくゆかないどころか、ひどくなると何もやる気が起こりません。


うつやひきこもりの状態のようなものです。
簡単に言えばエネルギー不足の状態です。


どれだけやらなければ…と思ってみても。
どれだけがんばってみても。


望む結果が出ない。
結局何もできない進まない。
そして自己嫌悪。

まるで負のループ状態です。


新しい自分に変わりたい…


そういう想いがある人は古い何かを捨ててみてください。
それは身体の中の老廃物かもしれません。
無意識にきづかないまま抱え込んでいる信念体系かもしれません。

少食・断食をするということは単に肉体的ダイエットのためだけではありません。
せっかくの少食・断食体験ならば身体のデトックスとともに心のデトックスを体験してみませんか?


少食・断食で痩せることだけを求めることはきっともったいないことだと思います。
痩せるのはあたりまえです。
しかし内面的にもデトックスしてみてください。
心の断捨離は物質の断捨離よりも劇的な効果を体験できます。

変わりたい時。
それは、もういらなくなった恐れや不安、執着を捨て去る時です。
本来のクリアーな自分が戻って来たときに。
人は誰も今までにないような新しい夢や情熱が生まれます。
制限を外された自分のフラットエネルギーが新しい自分の表現を始めます。

肉体の老廃物や余計な脂肪だけでなく。
心の老廃物も断捨離してみてください。
それが心身リセット合宿で体験するできる本当のデトックスです。

 

 

 

新しい自分に変わるための方程式があります。

いつのまにか自分を
新しい自分になりたい…
誰にでも人生の中で何度かはそんなふうに思う時期があるのではないでしょうか。
そしてそれは誰にとっても非常に大切な時期なのだと思います。

ではどうすれば人は変われるのでしょうか。
人が変わるには具体的にどうしたらいいのでしょうか。


自分とは?
そう聞かれたら何と答えますか。

私は世界で唯一の人間である。
私は○○○という名前の女性です。
私はプラス思考な人です。
私はネガティブ。
私は優柔不断な性格。
私は何をやってもうまくゆかない人…
私はいつも失敗してしまう…

いろんな応えが返ってきます。
そしてそのどれもが間違いではありません。
その人が思うすべてはその人が思う自分の中から導き出された応えです。

しかし。
実はそれらはすべて自分の中にある記憶から引き出されてきたものです。
頭の中にある記憶という引き出しの中にあることがほとんどです。

ほとんどの人が自分=記憶=過去の体験。


そんな図式を無意識的に思い込んでいます。
それがあまりにもあたりまえだと信じ込んでいるので疑うこともないままに。

 

実のところ、それは無意識システムのプログラム反応です。

無意識システムにプログラムされた過去の経験に支配されていることに気づいていません。

ある体験から設定されたプログラム反応に過ぎません。

 


簡単に言えば、それはまるで過去に縛り付けられているようなものです。
今の自分が過去の記憶や体験に制限されているようなものです。
もしそうなら…
もったいないと思いませんか?


もう過ぎてしまった過去の記憶や体験によって。
今の自分が制限されているなら。
自分が持つ本来の能力や可能性を抑え込まれているのなら。
未来の自分が制限されます。
自分の可能性そのものが制限されてしまいます。
未来を創っているのは今の自分なんですから。

過去の記憶や体験は本来自分にとっての財産のはずです。
それがどんなに辛い過去であったとしてもそこには学ぶべき何かがあります。


しかし過去の体験によっては、それに縛られることがあります。
傷ついた記憶や感情への恐れによって現在の自分が縛られて制限されてしまいます。
さらに、それによって創られた歪みを本当の自分だと勘違いしてしまいます。

 

それが無意識にプログラムされてしまった設定です。

私は何をやってもダメな人なんだ。
私は何をやっても失敗してしまう。
私は誰からも愛されない。
私はお金を稼ぐことができない。

本当は一度か二度の失敗があったかもしれません。
本当は今の自分からすれば何でもないほどの小さな失敗だったかもしれません。
しかし自分自身が限られた経験の中で自分という存在そのものを定義してしまっています。
過去の体験を自己同一化してしまっています。

新しい自分に出会うための方程式があることを知ってください。
新しい自分に変わる…とは無意識的にプログラムされている設定から自分を解放することです。
それには無意識システムに沿った方法があります。

少食・断食で身体を整えてみてください。
さらに、それによって生じる精神的安定や直観力を体験してみてください。
身体を整えることは心を研ぎ澄まします。

その力を使って無意識レベルから新しい自分を解放してください。

和(やまと)は新しい自分本来の自分に出会うための心身リセット合宿です。