過食の本質イメージ

 

 

むちゃ食いや過食の根本的原因は不足感にあります。

足りない、満たされない、満足できない…
そういった深い部分からの不足感が代替行為としての食べ過ぎを創り出しています。

本当は食べ物の質より、習慣より、太るか痩せるかよりも、
本質的には自分自身の深い部分における不足感こそが過食という代替行為を創り出しています。

それはアルコール依存や恋愛依存、親への依存などに関しても同じです。
満たされることを求めて、満足を求めて補償行為や代替行為が繰り返されます。

補償行為とは、足りない何かを埋めるために違う何かで証明しようという行為です。
誰かから認められるために成功しようとするのもそうですし、
お金を稼ぐことや名声を得ることでそれを得ようとする人もいます
自信と箔をつけるために資格ばかりをを取ろうとする人もいます。

もちろん、お金を稼ぐことも資格を得ることも大切なことです。
けしてそれ自体に問題があるわけでも間違っているわけでもありません。

しかしどれだけお金を稼ごうと資格を得ようと、深い部分が埋まらないならば…

やってもやってもきりがない感じがするならば…
それは補償行為です。
自分の深い部分には、それでは本当は満たされない欲求が存在しています。

そして代替行為というのは、何かを求めながらそれが何かよくわからないので違う何かで埋め合わそうとする行為です。
むちゃ食いや過食、過食嘔吐、アルコール依存、ギャンブル依存などの依存症的傾向として現れます。

 

 


そういった行為の奥底にあるものが根本的な不足感です。

どれだけ達成しても何かが埋まらないなら…
どれだけ証明しようがすぐにまだ足りないという気がして次の何かを追い求めてしまうなら…
どれだけ繰り返しても心から満足できず虚しさと物足りなさを感じてしまうなら…
それはもっと根本の部分に存在する不足感から派生しています。



どうすればこの不足感というものを埋めることができるのでしょうか?

この不足感の正体は何なのでしょうか?


それは…

 

深層意識と自我のアンバランスから生じています。
簡単にいうと自分の奥底とつながっていない状態です。

深層意識には個としての自分の種子が存在しています。
この人生というステージで個としての自分が体験しようとしている希があります。

それは自分自身のさまざまな経験のベースとなるデザインです。
種子の中に存在するその植物の完成形ともいえる設計図のようなものです。
そしてそこにはそれぞれのデザインに沿った個としての才能や能力があります。
さらにそれを現実として表現してゆく力が用意されています。

その力と離れてしまっているたよりなさ。
本当はそこに存在することを知っていながら使えないことから生じる無力感。
どこに向かって進んでいるのかがわからなくなるような不安定感。

それこそが根本的不足感、不満足感の正体です。

 

不足感の正体はイメージ

過食などの代替行為や、きりのない補償行為から自由になるということは…

自分自身の深いところにある不足感を失くすということです。
それはけして食べ物や他人への証明だけでは埋めあわせできません

心から満足するということは、
不足感への補償行為で時間を埋めることではありません。
心から楽しむためには、本当に自分自身が満たされる状態への理解から行動しなければなりません。

自分という根本にある自分の理想とするデザイン。
それを知ることは全体自己としてのバランスを取り戻す行為となります。

そして気づきます。
不足感とは実は自分との乖離であったということに。

その時に過食などの代替行為や補償行為は手放せます。
もう自分には必要がなくなるからです。


 

自分バランスを整えるということは、頭と無意識と深層意識をバランスするということです。

 

言葉を変えると、意識的な心と脳と精神性の持つ志向性をバランスするということです。

 

人はどんなことにおいても自分の中に求める理想があります。

どんな問題であろうと自分の中に答えを持ち合わせています。

それは何かで代替する必要のないことです。

それは誰かに埋め合わせてもらったり誰かに証明する必要のないことです。

 

過食・むちゃ食い…

 

それは本当に望んでいることではありません。

それはまったく必要のない行為です。

本当に望んでいるのは、本来の自分を取り戻すことです。

今まで生きてきた中で、さまざまな個人的体験と周囲からの情報の中で見失ってきた…

迷子になっている本来の自分を取り戻すことです。

 

自分を深い位置からバランスできたとき、理由のわからない不足感は消え去ります。

 

 

過食という名の悪夢イメージ

過食という名の現代病。むちゃ食いという名の心の叫び。

むちゃ食いで悩んでいる人が増えています。
行き過ぎたダイエットや度を超えた痩せ願望の反動としての過食。

摂食障害としての拒食から反動としての過食。そして過食嘔吐。

嫌なことがあったりストレスを感じると始まる過食。


本人に自覚がないほどの慢性的食べ過ぎレベルから、

 


毎日コンビニ通いがやめられない…
週末になると部屋に引きこもって食べ続けてしまう…
夜ひとりになると食べることが止まらない…
部屋にあるだけの食べ物を食べきらないと気がすまない…
お腹一杯限界まで食べて吐かないと気がすまない…
夜中になると勝手に冷蔵庫を開けて食べてしまう…
そのうち人前に出ることが怖くなり学校や仕事にも行けずにひきこもりがちになる…
他人の目が怖くて仕方ない…


さまざまなレベルで過食や極端な食生活病が蔓延しています。
ほとんどの人が他人に隠しているために自分だけがおかしいと苦しんでいる場合もあります。

そういった過食をやめるのは簡単なことではありません。
意志が弱いからやめられない、といった表面的な問題ではありません。
自分でも気づかない無意識に根本的な理由と原因があるからです。


そんな酷い食べ過ぎをやめるためには肉体と精神の両方からアプローチする必要があります。
いったん肉体をリセット(断食による代謝向上)した後で新たな食習慣を身体に焼き付けること。
それと並行して無意識下にある本当の原因を解消すること。
その両方の作業が必要となります。

まずは食べることで起こる肉体の生理的仕組みを理解してください。
勝手な思い込みによって無理なダイエットを続けるかぎり過食をやめることはできません。

本質的に過食とは何らかの考え方・行動に対するリバウンドなのですから。


第一に食べることへの正しい理解と肉体への思いやりが必要です。
そして無理をしなくても痩せられるという体験をすることも重要です。
痩せることが簡単なことに気づくだけでも思っている以上に自分が楽になることもあります。


この前合宿に参加された方も最初は痩せることにこだわって何も食べないと主張されていましたが、ここでジュースとサラダ料理を食べながら5日間で5㎏弱痩せた時に考え方が変わったと喜ばれていました。


過食の原因イメージ
根本的原因の解消については、まず無意識と行動・衝動の関係を理解してください。
それがわからないと何故自分が必要以上に食べ過ぎてしまうかが理解できません。
人は理解できない衝動や行動をコントロールすることは不可能ですから。


「心身リセット合宿 和」ではすべてをホリスティックな視点から捉えます。
どんなことの改善にも心と身体とそれをつなぐ自律神経を含めた全体性からアプローチします。


時には肉体的調整から気分を変化させて自律神経バランスを。
時にはメンタル面から自律神経バランスを通して肉体的変化を促します。


ここで心⇔身体&無意識⇔行動の奥に隠された仕組みと方程式を学んでみてください。
特に過食やひどい食べ過ぎで悩まれている人には必須として強くお勧めします。

「心身リセット合宿 和」では毎日休憩をはさんで昼2時間夜1時間の講義があります。

過食衝動と呼ばれる強烈な食欲の仕組み。
その衝動を創り出している根本的心因の解明方法。
それらの原因を解消するための心理学をはじめとした様々なアプローチ。


食事法やダイエット方法以外にも心と身体に関わる総合的な学びの時間です。
そういった講義を利用して衝動の奥に在る本当の理由を理解してみてください。

どんなに大きく見えても越えられない壁は存在しません。

理由がわかれば結果を書き換えることが可能です。


生まれつき過食なんて人は聞いたことがありませんよね。
すべて後天的な理由が隠れています。
自分に決意があれば必ず道は開きます。

 

過食は代替行為です。

過食の本質は代替行為です。

過食には心理的原因があります。
単なる食べ過ぎをやめるのとは根本的に解決方法がちがいます。

 

断食して痩せては、今度はリバウンドして太る…

それを繰り返すことは、より過食をひどくするばかりです。

 

過食を手放したいなら根本的な解決の仕方を理解したうえで断食を入口として活用する必要があります。

断食道場では環境も整っていますからその期間食べないことは可能です。

しかし元の生活に戻ったらまた食べすぎは起こります。

断食道場と世間を何度行き来していても過食を手放すことはできません。



過食とは、まずそれが代替行為であることを理解する必要があります。
代替行為とは、その行為が奥に隠された本来の目的とはまるで違った代替品であるということです。

本当に食べることが目的であれば、お腹が満足すれば止まるでしょう。
しかし過食衝動はお腹がいっぱいになっても止められません。
それは本当に求めているものが食べ物ではないからです。

代替行為をしても後には虚しさと後悔が残ります。
だって本当に求めているものは何も得られてはいませんから。
いっぱいになったのは肉体のお腹だけです。

だから… また次の日も次の日もそれが続くことになります。


代替行為とは?

代替行為というのは本当に自分が求めていることとは違う行動を繰り返すことをいいます。

過食だけでなくアルコール依存やギャンブル依存、恋愛依存。

お金を貯めることへの果てしない執着や学歴や肩書に対する強い執着も一種の代替行為です。

 

問題は、どれだけ繰り返してみても満足して終わることがないということです。

なんせ本当に欲しいものではないのですから。

本当に満たしたいものは他にあるのですから。


代替行為としての食べ過ぎを止めるために必要なこと。
それは心の奥底に潜んでいる本当に欲しているものや頭では自覚できていない隠された目的に気づきそれを達成することです。


人によっては隠された目的が自分にとって適切でない場合もあるでしょう。

ならばそれを見直して適切な目的に書き換えることも必要となります。

そのためには普段気づくことのなかった潜在意識の中の欲求を知る必要があります。
潜在意識にある隠された感情や期待は頭の中に自覚しているものとは違います。
本人にとっては驚くような目的や期待が隠されていることもよくあります。

まずはそれに気づくことが大切です。
気づかなければ変えようもないし解決のしようもありませんから。


そしてそれを解決してゆくことが必要です。
本当の原因に気づくことができればそれは比較的早く解消できます。
それを解決することは毎日の食べ過ぎに苦しむことに比べたらはるかに楽な作業です。

 

実は、問題の本質が見えていないことこそが過食の原因です。