30代後半からの身体の整え方があります。

30代後半からは身体と心のリセットが必要です。

30代後半から、

30代後半~40代は人生の中でも大変な時代かもしれません。

ある意味で気楽に生きてこれた20代や体力のままに走って来れた30代前半と違ってさまざまな変化が起きてきます。

 

人生に対する方向性が明確になる人もいれば焦燥に苦しむ人もいることでしょう。

仕事で今までより責任のあるポジションを任される人もいます。

結婚に対する周りからの声に対する焦り、そして迷い。

子供を産むこと、子供を育ててゆくことへのプレッシャーがある人もいるかもしれません。

 

そして肉体的変化。

今までのように無理が利かなくなる身体。

今までのように回復しない体重や体型、肌の調子や疲れやすくなった身体。

 

30代後半はあらゆる意味での曲がり角です。

自分の人生の方向性を定め直さざるを得ない時期かもしれません。

 

 

しかし、だからこそこの時期に心と身体、そして人生を見つめ直すことに意義があります。

肉体的にはこの時期からの生活習慣が40代以降の健康や更年期障害などに特に影響を与えることはよく知られています。

身体は30代後半から変革期を迎えます。

この時期の過ごし方がこれ以降の肉体的健康や美容を大きく左右するのです。

 

そして自分に対する考え方、人生に対する考え方も変化してゆく時。

身体だけでなく家庭的、社会的立場が変化していきます。

30代後半から40代は現代人にとって心身両面でのスパイラルポイントなのです。

 

 

もし、どうしても変化せざるを得ないというのなら・・・

それをうまく乗りこなしてみませんか?

 

この時期に変化した人生観がそれ以降の人生を豊かなものにしてくれます。

若いころのままに突っ走ることが続けられなくなるからこそ、新しい自分のための価値観を持つことが可能となるのです。

 

今までとは違った豊かさを。

今までとは違った美しさを。

今までとは違った自由を。。。 

 

手に入れるチャンスかもしれません。

 

新しい自分のためのリセット

 

ただ痩せればいいというダイエットから、永く身体を慈しむダイエットに。

 

ただ人の期待に応えようとしていた自分から、

誰のためでもなく自分のために生きるオリジナルな生き方へ。

 

ただ人目を気にしてそれに振り回されていた人間関係から、自分が満たされているからこそ可能になる貢献とつながりへ。

 

新しい時代の自分自身を発見する。

新しい価値観と基準を持って生きてゆく。

新しい可能性の実現。

 

そんな自分のための変化を起こす。

そのためのリセットを体験してみてください。

ここには具体的な方法があります。

 

食事法も。

自然とつながる整え方も。

無意識を書き換える方法も。

潜在意識の活用法も。

 

ダイエットのための施設ではありません。

新しい自分を発見するために古い自分をリセットする。

それが心身リセットの目的です。

それは人生の折り返し地点を迎える年代の方にぜひお勧めしたいプログラムです。

 

新しい価値観と生き方を模索するために。

 

 

中高年だからこそ必要な健康的ダイエット&リセット

中高年だからこそ

 

中高年の方のご利用が増えています。

ダイエットはもとより、慢性的食べ過ぎの改善や更年期障害のための体質改善。

中高年齢層に増加しているうつの改善など目的はさまざまです。

 

もしかすると中高年の人ほどストレスに苦しんでいるのかもしれません。

 

働きつめてきたことによる身体に蓄積された長年の疲れ。

やっと子供を自立させて自分のための自由な時間をとれるはずだったのに、今度は親の介護の問題が生じてきたり。

パートナーや家族間の不協和音やその中での孤独感。

若いころに比べて老後の落ちてきた体力だけでなく経済的不安や認知症や病気への不安。

 

若い世代の人達よりも我慢強く頑張り続けてきたがゆえに疲れ果てているのかもしれません。

 

中高年のダイエット

 

人間は年をとるほどに食べる量を減らしてゆく必要があります。

若いころと同じように食べ過ぎていると体内酵素が追い付かなくなってくるからです。

栄養を摂取することよりも、余計な消化吸収にエネルギーを浪費しないことのほうがはるかに成果をあげる健康法となり得ます。

 

更年期になっての食べ過ぎは新陳代謝の衰えてきた身体にとって大きな負担となります。

それを自覚せずに食べることでストレスを発散しようとすることは考えている以上に大きな負担となりますし老後の自分を苦しめる結果となります。

年齢がいけばいくほど食べることへの理解とコントロールが必要なのです。

 

そして自分の身体を健康に保つための学びも重要です。

病院の医師にいわれるままに薬ばかりを増やしてゆくことに不安はありませんか?

どんな薬にも副作用が存在しています。

それを抑える薬も処方されているからと薬の量ばかり増えてゆく人がいらっしゃいますが

本当に大丈夫だと思っていますか?

保険が使えるから経済的負担は少ないかもしれませんが最も大切な自分の肉体的健康ははたしてそれで大丈夫なのでしょうか。

 

食材で身体を守る

 

身体の動かし方ひとつで凝りや硬直した関節をほぐす方法もあります。

食材の持つエネルギーを活用して身体の不調を改善する食事法もあります。

食べ物を使うことで睡眠薬や便秘薬を手放すことも可能です。

骨盤のゆがみを正して膝や股関節の状態を整えることも可能です。

 

ストレスの基となっている人間関係や家族との問題を変えてゆく方法があります。

自分の無意識にあるそれらを作り出している原因を解消してゆくことも可能です。

抗不安剤や抗鬱剤に頼らなくても自律神経バランスを回復させることは可能です。

 

実は、自分でできることはいろいろあります。

自分で回復させられることは多々あります。

 

これから老年期を迎える時だからこそ。

自分と家族の健康を守ってゆく立場だからこそ知ってほしいことがあります。

人生のいろいろなことを自分の中で整えてゆく時期だからこそ。

身に着けてほしいことがあります。

 

 

今の時代、自分の健康は自分で守る必要があると思いませんか?

いつまでも健康的で元気にいるために、いつまでもボケずにいるために。

自分で自分を整える最低限のことを身に着けている必要があると思います。

 

断食道場はただガマンして痩せるためだけの場所ではありません。

自分の健康を自分の手で守るため回復させるためのメソッドを体験しにきてください。

中高年のためのダイエットとは表面的なことをいうのではありません。

自分自身の肉体と心のリセットをぜひ体験してみてください。

 

 

少食&断食デトックスで薬に頼らない健康を手にいれましょう。

自然な方法で、

現代人は簡単に薬に頼り過ぎているといわれています。

確かに薬は便利ですし大切なものです。

必要な場合にはその力を借りることに何の問題もないと思います。

それによって助けられている人が大勢います。

 

けれど、薬には使い方があると思いませんか?

薬を使うことが適切な場合と、そうでない場合があると思いませんか?

ご存知のように薬には効果と副作用の両面があります。

必要以上に薬に依存することが健康にどういった影響を与えているのかを考えた時、現代人の薬の使い方を疑問に感じることがありませんか?

 

もちろん病気や症状によってはそれを飲み続けることが必要な場合も多々あります。

しかし、いつのまにか必要がない場合でも薬を飲み続けている人がたくさんいます。

それを飲まなければ安心できないという理由で飲み続けている人さえいます。

 

導眠剤や睡眠薬がないと眠れないという人。

便秘薬がないと便が出ないという人。

血圧を抑えるために一生飲み続けなくてはならないと信じている人。

不安を抑える薬を毎日当たり前のように常用している人。

 

それが必要なときもあると思います。

でも本当にそれは毎日々何年間も必要なものなのでしょうか。

 

それで本当に大丈夫なのでしょうか。

どんな薬にも副作用があります。

ここに来られる方々で医師や看護師、MR、薬剤師などの専門家にそんなに大量の薬を飲み続けている人を見たことがありません。

もちろん体調や精神的に不調がある人達です。

しかし、専門家だからこそ知識があるからこそ大量には飲まない・・・

不思議な現実だとは思いませんか?

 

身体が望む方法で。

 

できれば誰も副作用のない形での健康を手に入れたいと願っています。

身体に負担をかけない自然な状態での本当の健康を手に入れたいと思っています。

それが本来の人間の状態なのですから。

 

そのためにできることがあります。

もちろん何もかもというわけではありません。

けれど自分でできることがかなりあります。

できるだけ自然な方法で自分の心身を整える方法があります。

 

食べないことの意味を理解したうえで使いこなす断食デトックス。

少食による新陳代謝と自然治癒力の向上。

食材そのものが持つエネルギーを利用する身体の整え方。

身体の動かし方や筋肉の使い方による自己整体。

 

 

玉ネギだけで導眠剤を手放していった人がたくさんいます。

リンゴだけで便秘薬を手放していった人がたくさんいます。

身体を整える食事(質と量)を通して血糖値やコレステロール値、血圧などを安定させてゆくことは当然ながら可能です。

 

もちろん急に止めるわけでも強制的に止めたわけでもありません。

それを望む方が身体を整えながら自分のペースで手放されていっただけです。

けして無茶をするわけではありません。

 

いろんな数値の異常は食生活に一番原因があるというのは常識なのですから。

そこから自分を整え直してゆく。

そして必要がなくなれば減らしてゆく。

ただそれだけのことです。

 

昔から言われるように医食同源なのです。

おおげさではなく文字通り医と食は同源なのは実践の中で誰もが体感できる事実です。

そのやり方や原理を理解しているならば。

 

断食や少食とはちゃんと使いこなせばそういった健康法の核となるものなのです。

ダイエットという言葉も本来の意味は健康的生活のことです。

 

 

そして自律神経バランスを崩している原因を無意識領域から解消することも可能です。

やストレス反応の根本原因である無意識下のプログラムの書き換え。

抑圧してきた感情エネルギーの解放も可能です。

ヒプノによる気づきと理解と過去への執着や未来への不安の解放。

それによる自律神経バランスの回復に伴うホルモンバランスの回復や免疫バランスの回復。

新陳代謝向上による免疫力の向上。

 

食からだけでなく、ここでは心と身体の両面から自分自身を調整してゆきます。

そのための心身両面に対しての学びと実践を提供するための心身リセット合宿です。

 

実は、自分でできることはいっぱいあります。

けれど知らなければ何かに頼るしかありません。

知っていれば助かることや便利なことはたくさんあります。

学べばできるようになることが山のようにあります。

 

自分の健康の主導権を取り返しに来ませんか?

自分の健康を守るのは他の誰でもないあなた自身です。