断食を使いこなすことは、食べる事を使いこなすこと

食べることと食べないことを使いこなせれば人生がかわります。

けして大げさに言っているわけではありません。

断食というリセットスキルは使いこなせるようになれば身体だけでなく多くのことに有用です。

 

なぜなら食べること食べないことによって心身のエネルギーコントロールが可能になるからです。

それが仕事であろうが人間関係であろうが成果をあげるために最も重要なこと…

それはエネルギーの状態=エネルギーバランスです。

 

エネルギー不測の状態で何をやっても望ましい成果は得られません。

エネルギー過剰の状態でやっていることは反動としてのリバウンドを生み出します。

 

エネルギーバランスの整っていない状態で始めた事は結果も裏目が出やすくなります。

なぜなら成果を創り出すものは努力や意志の強さだけではないからです。

最も大切なことは、そのことに臨む自分のエネルギー状態=周波数です。

その周波数との共鳴がその出来事のプロセスと成果を創り出していきます。

 

 

自分のエネルギー状態を整える最も身近な方法。

それが食べること食べないことの使いこなしです。

毎日必然的に繰り返さざるを得ない食事という行為だからこそ。

すべてに影響を与えるエネルギーバランスの整え方として身につけることは非常に効率的方法といえるでしょう。

 

あたりまえのことですが食べることとは栄養補給です。

しかしそれは心身にとってのエネルギー補給とイコールというわけではありません。

 

摂り過ぎた栄養分=使われない栄養分は老廃物となって身体を汚すこととなります。

その結果として太り過ぎや生活習慣病が起こります。

必要以上の栄養分は適度のストック分を超えれば身体のバランスを崩すことにしかなりません。

結果として食べ過ぎることは精神と身体を動かす根本的エネルギーの浪費を招くことになります。

 

思い出してみてください。

食べ過ぎをして眠った日の翌朝は身体がだるくて気持ちよく目覚めることができません。

それは眠っている間の本来なら身体の回復やデトックスに使われるべきエネルギーが必要以上の消化吸収に浪費されてしまったからです。

そのことによって身体はエネルギー不足を起こしているから不調を感じているのです。

 

いっぱい食べればいいというものではありません。

いっぱい栄養を取れば元気になるというようなものではないのです。

 

身体が求める栄養分を補給してあげることで身体のバランスは整います。

それはけして多くの人達が思い込んでいるような量ではありません。

身体を動かすエネルギーを消化吸収などで無駄に消費することは身体だけでなく自律神経バランスや免疫バランスを崩します。

それは結果的に自分という心身全体のエネルギー不足を起こします。

(断食やプチ断食・ファスティングというものは、それを感覚的に体験し本来の身体感覚を取り戻す目的で行います)

 

身体はいっぱい食べることを望んでいる訳ではありません。

身体が求めているのはちょうどです。

身体はバランスで動いているのですから。

 

必要なものを必要なだけ食べてあげる。

それも美味しく感謝しながら。

必要な時には食べる量を減らしてあげる。

そのことでエネルギーを心身の回復とデトックスに回してあげる。

 

断食はそのために必要な身体感覚とエネルギー効率のリセット期間として利用してください。

断食道場で学んでいただきたいことはそのための身体と心の仕組みと動かし方です。