自分リセットしませんか?自然な自分を取り戻すために。

 

生命を食する美味しさ

 

少食はガマンして続けられるものではありません。

満足感が必要です。

 

自然の生命エネルギーに溢れた野菜や野草を。

自らの手で摘んで、いただいてみてください。

食べたことなどなかった野草の美味しさに驚きます。

旬の生命の鮮烈さに満たされます。

 

少食のコツは良いもの美味しいものを食べること。

 

それはエネルギーに溢れたもの。

自然の循環の中に自らが参加することで手に入れたもの。

 

その生命を丁寧に調理して、感謝していただく時。

そこには身体と心が喜ぶ美味しさがあります。

自然から受け取る栄養分以上のものが存在します。

 

そんな満足感が必要です。

心が満たされる食事によって、身体は少量でも満たされます。

ぜひそれを体験してみてください。

 

山菜のてんぷら写真 山菜テンプラ写真2 採れたて野菜 筍刺身写真

 

 

 

 

【ある日の風家の夕食メニュー】

畑で採れた野菜とその近くで採れた野草。

地元の豆腐屋さんの厚揚げ。

 

それらを参加者それぞれが一品ずつ好みに味付けて。

湧き水を使って薪で炊いた黒米玄米で巻き寿司にしました。

 

みんなの味が調和してひとつの味に。

ご飯の量はお好みで。

誰もお代わりを欲しがりませんでした。

とても美味しかったのに。

信じられないくらい満足したからです。

 

ここに来た人はみんな驚きます。

普段食べていた量はいったい何だったのか…と。

 

身体は決して量を求めていません。

身体が求めているのはちょうど。

身体はバランスで動いているからです。

 

必要以上に食べ過ぎるのは心が求めているからです。

もっと、もっと… 足りない、まだ足りないを訴えているのは心だからです。

 

現代人にとって、食べることは代替行為として使われています。

心の不足感を満たそうとする代替行為です。