よくお問い合わせをいただく内容を集めてみました。

  1. 何日間参加するのが効果的ですか?
  2. 過食やひどい食べ過ぎをやめるのにはどうすればいいですか?
  3. 持ってゆくべき物や用意すべきものがありますか?
  4. 生理中でも大丈夫ですか?
  5. 薬を服用していますが参加してもかまいませんか?
  6. お腹が減ってガマンできなくなったらどうしよう?
  7. 何回参加してもかまいませんか?
  8.  

【何日間参加するのが効果的ですか?】

まずは7日間の集中合宿をお勧めします。
身体での体験とともに講座1クールを始まりから終了までしっかり学んでいただけます。
どうしても無理な場合でも、できれば4~5日間参加されたほうが確実に効果が上がります。
少食・断食による食事による代謝アップ状態は初日~14日ぐらいの間がピークです。
合宿はその間の最も代謝効果の高い再構築期間をフルに活用するのが身体的には理想的です。

【過食やひどい食べ過ぎをやめるのにはどうすればいいですか?】

過食の改善には身体での体験としての合宿期間+リモート講座があります。

過食を止めるには無意識システムの書き換えが必要です。

合宿期間中にそれができる方もいれば、無意識設定によってはまだ時間が必要な方もいると思います。

7日間の集中合宿で改善が完了しない方には3ケ月間のリモート講座をフォローとしてお勧めします。

 

【持ってゆくべき物や用意すべきものがありますか?】

洗面用具と着替えくらいです。
ダイエット合宿に他のものはほとんど必要ありません。
服装はジャージなどの動きやすいものにしてください。
洗濯機&乾燥機は常に稼動していますのでお渡しするネットに入れて出してください。

【生理中でも大丈夫ですか?】

大丈夫です。
岩盤浴で生理痛が和らいだりする人が多いです。
のび整体による骨盤の歪み解消によっても生理痛が軽減したりします。
女性にとっては生理は重要なデトックス行為です。
より効果が上がることがあってもマイナスはありません。
気にせずにいらしてください。

 

【薬を服用していますが参加してもかまいませんか?】

薬を服用していることそのものには何の問題もありません。
当施設をご利用の会員様の中にも何人もそういう方はいらっしゃいます。
ただ、症状がひどい場合にはかかりつけの医師にご相談ください。

【お腹が減ってガマンできなくなったらどうしよう?】

大丈夫です。
朝から何杯もの生ジュースなどを飲み続けますので、以外とお腹は減りません。
ほとんどの参加者が驚かれます。
ひとりじゃないということも大きいと思います。
少食やプチ断食を行うのに複数で取り組むことは大きなメリットです。
さらに、朝からずっと何かすることがあることもそうです。
一部の断食合宿などでは、何もすることがないのが辛いといいます。
人はヒマだとお腹が減ったことに気がいきがちですから。
そして一週間もすればほとんどの人がお腹が減らない…空っぽでも気にならない。

という現実に驚きます。

【何回参加してもかまいませんか?】

当断食道場はリピーターが大変多い場所です。何回でもおつかいください。
年に数回定期的にお越しになられる方はたくさんいらっしゃいます。