ダイエットは身体と心の両面からアプローチする。

身体を変えるには心から 心を変えるには身体から

心と身体のダイエット合宿を提供する和(やまと)ではダイエットを単に身体だけの問題として取り組むことはしません。


ダイエット・・・特に食べ過ぎの問題は潜在意識のことを無視しては改善できないからです。

 

頭でいくら考えようと、どれだけ意志を強く持とうと努力しても、それらは常にガマン大会を作り出してしまいます。
どんなことも、ガマンはストレスを生みリバウンドを引き起こします。


断食したり食事の量や質を変えても、そこにガマンがあれば・・・
必ず反動の食べ過ぎが起こります。

 

我慢とは?

身体が求めていることを頭で抑え込もうとすると我慢になります。

身体だけでなく無意識にインプットされたプログラム行動に反していても我慢は生じます。

 

我慢とは、頭で望むことと身体や無意識が望むことが別方向を向いている時に起こります。

一時の我慢は可能ですが、それをずっと続けてゆくことは不可能です。

いかに我慢をしなくてすむようにするかがダイエットの成否を決めます。

 

断食に耐えることがダイエットなのではありません。

断食期間中、そして断食が終わった後に身体を通して快さを体感することが重要です。

 

では、どうすればガマンしないで食生活を改善できるのでしょうか?

 

 

それは潜在意識・・・無意識層にある思い込みに気づくことから始まります。
現代人はほとんどみんなが日常的に食べ過ぎです。
それは、言い換えれば間違った食常識をあたりまえと思い込んでしまっているからに他なりません。


人の行動は潜在意識にインプットされたプログラムによって影響されています。
幼いころから当たり前のように続けてきた間違った食習慣に振り回されながら、食事をとおしてのダイエットはほとんど不可能です。
一時は成果が出ても、すぐに反動(リバウンド)が起こります。

 

まずは間違った食の常識から開放されることです。
無意識に書き込まれた思い込みに気づくことです。

 

無意識下に存在する習慣という名のプログラム

無意識下にはさまざまなプログラムがセットされています。

それは躾や教育によって作られてきた信じ込みであり思い込みです。

それによる自動行動のことをクセや習慣と呼びます。

 

我慢しないためには、頭と無意識下にあるプログラムの方向性を合わせてあげる必要があります。


最初のうちは、今までの習慣に振り回されることもあるでしょう。
それこそガマンが必要な時もあります。
しかし無意識のプログラムが書き換わると・・・

 

食の好みが変わります。
食事の量が変わります。
思い込みではなく、自分の身体が求める量と質が基準になります。

 

断食道場でのダイエット合宿はそこから始める必要があります。
でなければ単なるガマン大会的ダイエットになってしまいます。

 

 

原因は心の中にある。身体の声を聞くことは自分の本音に気付くこと

 

潜在意識に書き込まれたプログラムから自由になることは、新しい自分自身のライフスタイルを生み出すことにもつながります。
心と身体の両方に大きな影響を与えます。


そしてそれは、自律神経バランスを通した身体の改善にも効果を生み出します。

 

心の問題が顕著に肉体に現れるのが自律神経失調症や心身症です。
気分が落ち込んだ状態が続くと、身体にさまざまな症状をひきおこします。
心の状態が肉体的問題に大きく関わってゆくからです。


でもそれは、気分障害や自律神経失調症に限ったことではありません。

過食や食べ過ぎといった意に沿わない行為行動もそうですし、他のさまざまな肉体的症状も根本には心理的要因が隠されています。

 

腰痛や肩こり、骨盤の歪みなどもそうです。


ストレスにより身体の一部もしくは筋肉に無意識的な緊張が起こる・・・
同時に自律神経がバランスを崩してうまく働かなくなる。


交感神経の緊張が続くことによって血流が細くなり、筋肉内部が血行不良を起こす・・・

血行不良によって溜まった尿酸などの痛み物質によって痛みを感じる。


同時に、硬直した筋肉によって圧迫された末梢神経が原因で痛みやしびれが起こる。
さらに、硬直した筋肉に引っ張られることで骨格が歪む。

 

このように心因的きっかけが肉体的症状を物理的に作り上げてゆきます。

 

 

もちろん肉体的なアプローチでの改善も効果があります。
しかし、心理的要因が強力な場合は肉体的にいくら筋肉をほぐそうと、骨格を元に戻そうと、何かのきっかけですぐに再発してしまいます。

 

では、どうすれば良いのか?

 

それは動かしやすい方から動かしてゆくことです。
心と身体がつながって作用しあっていることを踏まえたうえで・・・
そして、心からアプローチしてゆくということの具体的方法が、潜在意識のプログラムに気づいて書き換えてゆくということになります。

身体を変えたければ心から、心を変えたければ身体から。

そうすることで改善されるスピードがアップされるだけでなく、今まで見えていなかった隠された本当の原因に気づくこともあります。


生まれてから今までに、誰もがいろんな体験を積み重ねてきました。
そして、膨大な量の情報をインプットされ続けてきました。
人は、気づかないままに、無意識のうちにそういったプログラムに突き動かされています。


そして心の奥底で葛藤を起こし、自己嫌悪や自己否定に苦しんでいます。
こういった無意識のプログラムからの解放が、ダイエットにも、食べ過ぎをやめるにも、気分的落ち込みやうつの改善にも、健康回復にも大きく影響を与えます。

 

身体と心はつながっています。
どちらかだけで分析したり対処しようとしても、そこには無理・分離が起きてくることでしょう。

 

だからこそ、心身を両方から整えるダイエットを実践してください。

体重や見せかけだけでなく内側からキレイな自分を表現できる…

そんな心と身体のダイエットを体験してみてください。

 

ダイエット合宿ですから、方法としての断食やファスティングを使いこなします。
しかしそれを身体だけのガマン大会では終わらせないでください。

 

心身ともにバランスの取れた自分自身になってください。


自分の潜在意識を理解することはダイエットや健康にとって大きな成果を期待できます。